しょぼい不動産で生きていく50の方法

大きな借金をせず、リスクの少ない不動産投資を。不動産で人生を面白く。一緒に稼ぐお仲間募集中。

MENU

組織論:管理者は極限まで減らすべし

いつもは不動産のことを話していますが、

私のオススメのスタイルは会社員×不動産です。

 

 

不動産投資をはじめたばかりの会社員にとっては、

非常に大事な収入源の一つである給料収入の源である

会社組織についても語りたいと思います。

 

 

大企業中企業小企業と私はいろんな企業をみてきました。

一方で外資系も国内企業も経験してきました。

 

 

そんな大中小+外内を経験してきた私の目で見た。

最強な組織の作りかた。それを語ってみたいと思います。

 

 

まずは、よくあるのが管理者の多い会社。

 

 

こういう会社はまず勝てません。

 

 

大企業でかなり市場シェアをしめていたり、知名度があったり、

歴史としても古くからある会社とかはこうなりがちですが、

そもそも大企業ですでに既得権じゃなので、別に管理者が多いという

無駄をしても別にちょっとやそっとじゃびくともしないのです。

 

 

そこは問題じゃない。

 

 

問題は中小規模以下の会社で、知名度もない歴史もないみたいな

会社が管理者が多いというのがこれは本当にたちが悪い。

 

 

大体そうなる理由は2つあって、

・いろんなしがらみで管理者を減らすことができない。

・自分が楽をしたいために直下の管理者を増やしている。

だいたいはこのパターンです。

 

 

そもそもこういう意識で管理者をおいているので、

うまくワークするはずがありません。

 

 

ひどいところだと授業員50人中半分くらいが管理者という

ようなところもあります。

 

 

とある会議で、現場が3人しかいないのに5人の管理者が同席する

しかも社内会議でという非常に非効率なところもありました。

 

 

管理者が多くなっても売上はあがりません。

管理者はあくまで管理者であって手を動かすのは現場です。

改めてその点を考えてほしいですね。

 

 

そもそも手を動かさないと売上はつくれないですよ。

売上のはじめであるリードが取れない。

 

 

一人でも多く手を動かす人を置くべきであり、

口を動かす人、報告のためだけの人なんていう無駄なものはおかない

ことが最強の組織を作る秘訣です。

 

 

管理者のための数字を作るアシスタントはつけるけれども

営業現場のための営業アシスタントはつけないなんていうのは

愚の骨頂です。

 

 

数字くらい自分で作りなさい。

あなたの仕事はそれなんですから。

 

 

全世界の管理者、社長にお伝えします。

管理者は極限まで減らずべし。全体人数の10%以下でいい。

 

 

それが最強組織の作り方です。